秋冬こそ取り戻すチャンス

この夏、電車のつり革や袖の短いTシャツを着て『あ、今見られたかも!?』…なんて焦った思いをした方…。

 

ちょっとワキの処理を怠り、黒ずみが今も残ってしまっている方…。

 

来年の夏こそは思いっきりバンザイをしてみたくありませんか?

 

ワキの黒ずみは実は多くの女性が密かに悩んでいる症状です。事実、多くのワキの黒ずみ専用商品が販売され、
皮膚科でも治療内容として紹介されています。

 

ワキが黒ずんでしまう原因として毛穴の汚れや埋没毛がありますが、一番深刻なのは色素沈着による黒ずみですよね。

 

ワキだけでなく、デリケートゾーンや膝下、傷跡等、色素沈着で悩む女性は本当に多くいます。
しかも色素沈着は治らないイメージが強く、多くの女性がもう一生治らないと諦めてるいのではないでしょうか。

 

こんなことになるならピンセットで抜かなければよかった…。
カサカサしていたのに保湿もせず放っておかなければよかった…。

 

そんな後悔の念があったとしても大丈夫です。

 

次の夏まで時間がじゅうぶんあるこの時期からスタート

ワキといえども皮膚は日々生まれ変わり、ターンオーバーと言って表皮はきちんと新陳代謝をして生まれ変わっているのです。きちんとケアさえしてあげれば、来年の夏こそはキレイなワキへと変わっているでしょう。

 

だからこそ、秋冬の今が治すチャンスなのです。

 

肌のターンオーバーは一般的に28日と言われています。表皮の細胞が生まれ変わり、
垢となって剥がれて落ちるまでを言いますが、老化に伴い日数は多くなる場合もあります。
しかし日数の多い少ないが重要なのではなく、健康的な水分のしっかりした肌が再生されることが良い事なのです。

 

例えば今から貴女がワキのケアをするとして、一度生まれ変わるまでに約1ヵ月かかります。
もし重度なワキの黒ずみでしたら何度もターンオーバーが必要になります。
夏直前に慌ててワキのケアをしても間に合わないんですね。
ですから今からじっくりと治していく必要があるのです。

 

 

皮膚科より低コスト

もう一ついまからケアする理由として「価格」の面があります。

 

ワキの黒ずみは皮膚科でも治療できますが、一般的な皮膚科でも美容皮膚科でも受診が可能です。
より重度の黒ずみには美容皮膚科に行くのがお勧めなのですが、費用は初診料やカウンセリング費用、治療薬としてひと月に数万かかる場合もあります。

 

もちろん医師の診察ほど信頼できるものはありませんから信用料と考えれば妥当かもしれませんが、それにしても費用がかかります。
できればまずは市販のもので試してみてどうしてもダメだったら皮膚科に行ってみるのもいいかもしれません。
そのためにも直前のケアでなくじっくりと治す期間が必要なのです。

 

さて、数ある黒ずみ専用のケア商品の中でまず試して頂きたい商品があります。
あの有名な「スキンケア大学」でも紹介された黒ずみ専用ジェルです。

 

Pule Pearl(ピューレパール)

 

これをおススメする理由の一つが高い安全性です。

 

ワキはかなりデリケートな部分です。膝下が黒ずんでも「臭い」を放ってきたりはしませんよね?
しかしワキは皮脂腺が集まっていてきちんとケアをしてあげないと「ワキ臭」を放ちます。
またアトピーのような症状が出やすいのもワキの特徴の一つです。

 

そんなデリケートな部分に安全性の低いものは使えません。
このピューレパールは赤ちゃんでも使えることを目指したもので、無添加・低刺激はもちろん、さらにポイントなのが「紫外線吸着剤不使用」な点です。
先ほど皮膚科の受診も選択肢として説明しましたが、皮膚科で処方される薬品は紫外線に弱く、薬の上から紫外線予防のケアをしないとかえって黒くなる場合があるのです。

 

紫外線は屋外だけでなく窓から入る屋内でも影響を受けるため、常に気を配らなければなりません。

 

ピューレパールはそんな強い刺激よりも優しさを追求したジェルですので、いっきに治そうとせずゆっくり自分の肌と向き合ってケアしていけます。

 

また、一般的に皮膚科で処方されるのは約2週間で使い切る量ですが、ピューレパールは1ヵ月を目安としています。
朝、晩2回のケアで一か月もつたっぷりと入った分量です。

 

まずはターンオーバーである1ヵ月使ってみるといいですね。

 

それでも皮膚科の方が安心できるのでは?と考える方もいらっしゃるでしょう。専門医師の診断と素人である自分の判断では全く違うのですから。万が一合わなかったら…悪化してもっと酷くなったら…と考えるのも無理はありません。

 

しかしそこは開発者の並々ならぬ思いが詰まった商品ですからアフターケアも万全です。まず返金保証がついています。しかも異例の長さの60日です。1ヵ月といわず2か月使ってみて肌に合わないと思えば返金をお願いすればいいのです。

 

さらにはお客様専用電話もありますので、購入後何か不安があれば電話してみるのもいいでしょう。ワキの黒ずみは1ヵ月で治るものではありません。

 

ターンオーバーがありますので、数か月はケアをし続けなければなりません。長い期間をかけてケアしていくのが必要だからこそ、安心、安全である必要がありますね。

 

ワキの黒ずみで悩んでいるのは貴女だけではありません。その証拠にピューレパールの紹介ページには多くのお客様の声(現時点で口コミが300件近く)が寄せられています。

 

口コミを書く人は全体の1割から2割と一般的に言われていますので、実際手にされた方はかなりの数に上ります。もちろんすべての方に効き目があったわけではないと思いますが、こちらのページを見る限りほとんどの方が満足されているようです。

 

来年こそは思いっきりファッションを楽しみたい。
人の目を気にせず過ごしたい。

 

黒ずみケアをするなら今がチャンスです!諦める前にゆっくりと自分と向き合ってみませんか?