脇にできた黒ずみが気になったときはクリームで保湿

脇の黒ずみに悩んでいる方は、保湿が不足しているケースが多いです。

 

保湿をすることで乾燥から肌を守ることができるので、今まで以上に保湿にこだわってみてください。

 

ただ通常の化粧水だと思うように保湿することが難しいので、専用のクリームを使用するのがよいでしょう。

 

このような黒ずみ対策用のクリームは、保湿剤としてだけでなく美容成分もたっぷり含まれているので、乾燥から肌を守るのに適しているといえます。

 

 

 

どうしてクリームタイプがいいの?

脇の黒ずみ用のスキンケア製品にクリームタイプが多いのは肌に塗布して残りやすいからです。

 

汗で落ちてしまうと保湿作用が激減してしまうので、肌に残ることが大切となるのです。クリームは汗や皮脂に強いのが特徴で、簡単には落ちません。

 

だからといってベタつきが気になるような事もなく、短時間でサラッとしてくれる使用感となっているのも特徴です。

 

高性能のクリームだと入浴後に1回使用するだけで、翌日の同時刻まで保湿してくれるものもあります。

 

同時に脇の黒ずみも抑えることにも繋がるので、色素沈着が気になる方は利用してみましょう。

 

黒ずみを放置しておくと色が濃くなって抜けなくなるので、早めにクリームでのお手入れを実践していきましょう。


脇黒ずみクリームのおすすめ

クレアフォート

【クレアフォート】は本来持ってる肌のパワーを取り戻す為のベースケアと美白ケアの2段階のアプローチを目的に効果的な成分を厳選した黒ずみケアクリームです。

 

19種類の天然由来成分をふんだんに使用することでお肌への優しさにもこだわっていて、敏感肌でも安心な仕様となっているのが嬉しいところ。ここに不安があると試してみたいけどやめておこうかなと感じる方もいらっしゃると思いますがその点は安心です。

 

さらに初めて購入する際は120日間の返金保証期間があるのでお気軽に試せるというのも嬉しいポイントです。定期購入を利用したとしても何回以上購入という条件もありません。

 

 

 

 

アットベリー

【アットベリー】は脇の黒ずみケアだけでなくニオイケアも一緒におこなえる新発想タイプのクリームです。

 

こちらは製品1個あたりの容量が多く、他社製の平均的なサイズと比較すると約2倍の大きさとなっているので、他の部分も一緒にお手入れしたい方や毎月かかるコストを抑えたい方にとっては使いやすいのではないでしょうか。

 

この大きなサイズでも美容成分は97%以上とギュッと詰まっていますから、そういった意味ではお得と考えることもできそうですね。

 

返金保証も初回購入時1個分までは返金対応してくれます。期間も購入後180日間とたっぷりありますし、これなら脇だけのケアで使い切るまでの余裕はじゅうぶんだと思います。

 

 

 

 

ピューレパール

【ピューレパール】は保湿と美白それぞれの目的に合わせてエステ級の高級美容成分を配合し、浸透力まで考えられてるクリームです。

 

肌の潤い不足やごわつきを長い間抱えてて、そういった部分を補って行きたいとお考えの方には一度試していただきたいです。

 

こちらも敏感肌の方にもOKな仕様ですが、購入後60日間までに万が一お肌に合わないと感じた場合は返金保証が利用できます。

 

 

 

 

 

脇の黒ずみを悪化させないように気をつけるべきポイント

綺麗に自己処理したつもりでも、ふと見ると黒ずんでしまっているのが脇です。肌の黒ずみはすぐに治すことはできません。時間をかけてケアを行い、少しずつ肌が生まれ変わるのを待つしかありません。

 

そのためには、これ以上黒ずみを悪化させないことも大切です。

 

まず脇が黒ずむ原因として考えられるのが、強い刺激によるメラニン色素の発生です。肌が強い刺激をうけるとメラニン色素が生成され、それが黒ずみとなります。

 

@わき毛の自己処理を頻繁におこなうのはNG

まず肌を傷付けるような自己処理は控える必要があります。たとえば毛抜きで毛を抜くと肌が強く引っ張られ、炎症を起こすことがあります。炎症は時間が経てば収まりますが、肌がうけたダメージはすぐには回復してくれません。剃刀も同じようなことが考えられます。肌に直接刃は当たりますから、ダイレクトに肌に刺激を与えてしまいます。なるべく自己処理は控え、行ったあとは保湿ケアをきちんとしましょう。

 

ムダ毛処理も脇の黒ずみの原因となるので、必要に応じてサロン脱毛に乗り換えることも考えたいものです。
サロン脱毛はムダ毛を減らすことができるので、次第にボリュームが減っていきます。
それによって今まで蓄えていた刺激が解消し、メラニン色素の分泌も抑えられるわけです。
肌は刺激を受けることでメラニン分泌が活性化されるので、それを抑えるためにも自己処理による脱毛からは解放されるべきですよね。
むだ毛の処理と毎日入浴後にクリームで保湿することの手間を減らすことにも繋がりますし検討してみる価値は十分あるはずです。

 

 

A制汗スプレーのつけすぎ

制汗スプレーも実は黒ずみの原因となります。肌の毛穴をふさいでしまいますから、肌が呼吸できない状態になります。それによってもメラニン色素が生成され、黒ずみを発生させてしまうことがあります。においを抑えるため、肌への刺激が強い成分も配合されていますから、脇への使用は最悪ともいえます。肌に優しいものを使ったり、なるべく控えることをおすすめします。

 

B肌と衣服の擦れに注意

脇という部位は、服とのこすれも多く発生します。敏感肌の方はとくに注意が必要です。半袖はちょうど脇に服の端が当たりますから、腕を動かすたびにこすれが生じてしまいます。この場合はノースリーブを着用することによって、ある程度防ぐことが可能です。敏感肌の方は洗剤にもこだわり、肌への刺激を最小限にしてあげましょう。

脇の黒ずみと肌のターンオーバー

暑い季節になると気になるのが、脇の問題です。毛の処理だけではなく、黒ずみに悩んでいる人も多くいるでしょう。

 

脇の黒ずみの原因は、メラニン色素です。

 

メラニン色素は、一般的に紫外線を多量に浴びたことが原因で生成されると思われていますが、それだけではありません。摩擦によっても生成され、黒ずんでしまうのです。

 

メラニン色素は、からだにとって悪いものというイメージがありますが、非常に重要な役割を持っています。それは、紫外線等による、外からの攻撃から皮膚を守ってくれるというものです。肌の細胞の核を守るための、大変重要なはたらきです。

 

しかし、多量の紫外線や摩擦により、黒ずみがなかなか消えない場合があります。

 

その原因が、ターンオーバーの乱れです。

 

脇は、前後左右に腕を動かせば、必ず摩擦が生じます。そのため、一度黒ずんでしまうとなかなか元の状態に戻すことができません。元に戻すために重要なのが、肌のターンオーバーです。

 

通常、部位によって期間は異なりますが、28〜56日程度で、肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりが起こるといわれています。これがターンオーバーです。

 

メラニン色素は、ターンオーバーを経て排せつされ、消えていくものですが、過剰に生成されると肌の奥底に残ってしまい、消えてくれません。

 

脇という部位は常に使っている場所なので、ターンオーバーの周期が乱れがちになり、さらに黒ずみが取れにくい状態となってしまいます。

 

ターンオーバーの周期は、長くても短くてもよくありません。周期を正常に保つためには、日々の生活習慣を整えることが必要です。

 

食事、適切な睡眠、ストレスや運動不足の解消など、基本的なところを大事に過ごしているうちに、整ってきます。

 

また、保湿をすることもターンオーバーでは重要で、黒ずみの気になる部位にはクリームを使って保湿しましょう。